スマート工場EXPO2018出展レポート

2018年1月17(水)~1月19日(金)の3日間に渡って開催された                               第2回スマート工場EXPO2018の出展レポート動画を掲載。

共同掲載企業
マルティスープ株式会社、株式会社ユビセンス、アドソル日進株式会社、株式会社インフォファーム、株式会社構造計画研究所、国立研究開発法人産業技術総合研究所、株式会社ゼンリンデータコム、ビッグローブ株式会社、丸紅情報システムズ株式会社、株式会社村田製作所、明治電機工業株式会社、ユニアデックス株式会社
91bdbbce83d02e14e751432b5476194f9ac21274

13社(マルティスープ株式会社、株式会社ユビセンス、アドソル日進株式会社、株式会社インフォファーム、株式会社構造計画研究所、国立研究開発法人産業技術総合研究所、株式会社ゼンリンデータコム、ビッグローブ株式会社、丸紅情報システムズ株式会社、株式会社村田製作所、明治電機工業株式会社、ユニアデックス株式会社)の展示内容を紹介しております。デモンストレーションもご覧いただけます。

00:18:07

マルティスープ株式会社、株式会社ユビセンス、株式会社シーイーシーほか

B2502b0e9843eb2664d08203924a024438c374a9

作業動態分析システム「Smartlogger(スマートロガー)」の紹介とIE(industrial engineering)分析の歴史~作業分析と改善による生産性向上について

00:21:13

AGC旭硝子

高橋正人

63ae522f1733e6622a92116ff752dd098e804525

屋内位置検知ソリューション『uLocation』は、920MHz中継端末とBLEタグを用いた人・モノ所在管理ソリューションで、工場や病院、オフィスなどの機器、車両、作業者等の位置の特定を行います。中継端末間及び中継端末~ゲートウェイ間は配線が不要。位置検知結果をXY座標形式で保存するためアプリケーション開発や他システムとの連携も容易です。

00:13:16

アドソル日進株式会社

Fbf7ab401a4e0a98575e1ddfd7e7467a2b6ad582

『いろあと』は、ヒトやモノに貼付したカメレオンコードをスマートフォン/
ネットワークカメラで高速・高精度・複数認識し、所在・入退・動線管理が可能なソリューションです。iBeaconやRFIDのような内部機構を持たない為、初期コスト・運用コストを抑えた仕組みを実現します。

00:10:00

株式会社インフォファーム

8ecc53f5b650f13e41cdf827852c7d2819ff4edd

モバイル通信(LTE)搭載で単独通信ができるAndroidを搭載したIoTデバイスです。 BL-02はLTE通信のほか、無線LANやBluetooth通信、GPSや各種センサを内蔵しており、法人のお客さまが専用のアプリケーションを開発することで、人、モノの管理や見守りなどさまざまな分野・用途で業務専用機としてのご利用が可能です。

00:15:04

ビッグローブ株式会社

4e3a9d66776a152f61fabd2bf3c43102c2e9f1a7

マルティスープ株式会社の「iField Indoor」取扱を通じて関連するBLEビーコン(rapiNAVI)やゲートウェイ(EasyUplink)をご紹介いたします。また、無線通信エッジデバイスでのセンサーデータ収集から、ネットワーク及びセキュリティ、AI・IoTプラットフォームによるデータ分析まで、丸紅グループのトータルソリューションをご提供いたします。 

00:09:49

丸紅情報システムズ株式会社

E2c2b3324726e99836d598e152605a65786fbe2a

ムラタ独自開発のBLE Mesh Network技術を応用した測位サブシステムです。このBLE Mesh Network技術により、導入時の初期設置だけでなく、レイアウト変更やエリア拡大などの変更にも容易に対応することができるようになり、製造工場や物流倉庫、建設現場や各種プラントなどの比較的広い敷地における屋内測位に対応可能です。

00:06:29

株式会社村田製作所

A7a47e3c1be026446df9825cdb2ef3114e4c3029

独自の人工知能(AI)技術を搭載した「モバイルロボット」は、屋内空間において、人や障害物を自動で回避しながら最適なルートを自ら考え、決められた場所に荷物を届ける自動搬送ロボットです。モバイルロボットを導入することで、モノを移動させるという単純・単調で重労働な作業から人々を解放し、より創造的な分野での仕事に従事してもらうことで生産性や品質の向上といった社会的課題の解決に貢献します。

00:13:11

明治電機工業株式会社

8da93f7cd43ca6bca9b76526ad818d59bd8fdfe5

無線LANと仮想ビーコンの2つの技術を利用したネットワーク環境を選択することで、ネットワーク環境に合った位置情報管理プラットフォームを構築し、最適なセンシング技術の提案から、測位方法、測位エリア、電波強度などの設計・分析、収集データの運用・監視、メンテナンスをワンストップで提供します。

00:15:22

ユニアデックス株式会社

D8313be3526fc8ed82b132325b763e4527df17d9

実際の生産実績などを取得するためには設備の稼働データを蓄える必要があります。生産された製品の良品数・不良品数を確認、あるいは出荷までの進捗管理をするにはその「モノ」の情報を蓄える必要があります。メンテナンス作業などの復旧作業ログであったり、あるいは移動経路を取得するには、「ヒト」からの情報が必要となります。この3つの要素が合わさる事でIoTの新たな価値が生まれると考えています。

00:11:12

株式会社シーイーシー

0018e8685d2c2c4db1e83e97a32f41ca643c7dfb

これまでGPSでの位置測位が難しかった屋内環境での位置測位を可能とし、製造工場や物流倉庫、病院など医療施設、建設現場、各種プラントなどの業務効率化・人員最適化などの生産性向上に ご活用いただける新しいソリューションです。

00:23:03

マルティスープ株式会社

5acd3787caffad02d3677cc9de732faeffac3271

生産性向上には正確な生産状況、すなわち中間在庫・人やツールの高精度で信頼性の高い動きを、リアルタイムに把握することが必要です。事例として1) 車両、作業ステーション、無線ツール位置の紐付けがもたらす、工程設計の変革、2) 工程内を予想外に移動する、中間在庫の場所・滞留時間の可視化デモを展示します。

00:09:46

株式会社ユビセンス

7ae8b18fc94158e7382050a9e58936f23d47c4df

従来の方法より短期間かつリーズナブルに、屋内の3次元マップを創るサービスです。ブラウザベースのビューワで、建物の中の様子を高解像度パノラマ画像で360度見渡したり、3D点群モデルによって立体的に見ることができます。 屋内三次元デジタルマップの活用は、生産管理、設備管理やナビゲーション、位置測位ソリューションなど工場のスマート化を更に促進させます。

00:09:58

株式会社構造計画研究所

B08097b5d599abcd6d703ce130e6a585a28d259f

人に特化した自律航法PDR(Pedestrian Dead Reckoning)と車両に特化した自律航法VDR (Vibration-based Vehicle Dead Reckoning)を掛け合わせた相対測位技術(xDR)をご紹介します。

00:17:28

国立研究開発法人産業技術総合研究所

896ef0155f7692a29fada52e7b7ade22db9195bd

GPSが届かない屋内で、人やモノの位置を把握し、スマートに業務を効率化する
サービスです。 このサービスは、業務環境に応じたデバイスでの導入が可能です。 スマートフォンやタブレットはもちろん、最先端のウェアラブルグラスなどにも
対応できます。

00:04:32

株式会社ゼンリンデータコム